Trivia infomation.   


 Unstable indication of measuring of Screen Current and exposure timer.
 Tencai/TITAN で、Baem Currentや Exposuer Time のBeam Currentの測定値が、不安定になっていませんか?



 If you are facing unstable indication of measuring of Screen Current and exposure timer,
    Please try to change battery in the Screen current amp unit.
    If you need suppot, please ask FEI Service .

    Photo ② is V72PX type DC 22.5V battery, but that is be discontinued product about five years ago.
    It battery was lamented performance that large capacity 1000mAh. So we are long life using about 10 year inside the Screen Current Amp.
    Unfortunately, we are not able to obtainable the V72PX battery any more.

   Photo ① is FEI approvaled and choosing new substitute 22.5V battery that capacity is only 80mAh.
    However, new 80mAh battery( Photo①)is about two years life since then, severely deteriorated internal resistance.
   Causality of unstable indication of measuring to Screen Current and exposure timer by phenomenon in the battery-self.
   Therfore we have objection point ! battery( Photo①)is need fatigue duty solder to replace it.

   Mel-Build are release substitute 22.5V battery for V72PX type guage that just fit in the battery case in Screen Current Amp Unit.
    Easy to change with just a single touch ! in to V72PX gauge battery cradle.
    Item Name:V72PX quid pro quo body


 お使いのFEI社製のTencai型/TITAN型の電子顕微鏡で、 Baem Currentや Exposuer Time のBeam Currentの測定値が、不安定になっていませんか?

   蛍光ScreenのBaem CurrentやExposuer Timeの測定値が不安定な場合、当該電池が消耗している可能性がありますので、先ずは電池を替えてみてください。
   電子線Doseの測定値が不安定な症状でお悩みの方は、先ず電池の消耗を疑い、交換される事をお勧めします。(交換目安は2年以内)
     電池消耗、つまり内部の電解質の化学反応が徐々に劣化に伴い内部抵抗が徐々に増え、かつ 不安定となってしまう症状を伴います。
     これにより、ナノ/ピコレベルの電子線の電流量を計測する際での大きな不安定要素になってしまいます。

   FEI社製のTencai型/TITAN型の電子顕微鏡では、電子線Doseを検出する為、SCAと称すBeam Currentの測定用のAmpの中の22.5V電池が装着されています。
     しかし、V72PX型電池(写真②)は、大容量で長持ちでしたが、2003年頃から徐々に生産縮小し、2007年頃以降では、全く入手でき無くなってしまいました。
     数年前までは、実績高いV72PX型22.5V電池(写真②)を搭載してありましたが、いよいよ在庫も尽きて、現在は、代替22.5V電池(写真①)が使われています。

   写真①: EU圏で入手可能なPSE社製の代替22.5V電池 PSE製(Power Storage Europe B.V.)

   代替22.5V電池(写真①)は80mAhしかなく、1000mAh大容量のV72PX型22.5V電池(写真②)に比べ、約1/12でなっていしまいました。
     つまり、従来品は、10年間は、交換を必要としなかった容量だったのが、残念なことに代替22.5V電池(写真①)では、2年程度の寿命に至ります。
    Low Dose法など、微弱なお電子線を用いられるUser様にとっては、Beam電流量の監視は重要な要素ですので、校正保持を考えると1年で定期交換をお勧めいたします。

   ところで、V72PX型電池(写真②)は、簡単の交換できますが、代替22.5V電池(写真①)の場合には、電池から出ているリード線を、その都度、半田付けしなければなりません。
     なお、超高ゲイン増幅器:SCAと称すBeam Currentの測定用のアンプの中へ半田付けする際、取り扱い時の静電気に配慮しなければなりません。
     ので、腕に自信がが無い方には、やはりメーカーへ交換作業を依頼される事をお勧めします。

     もし、今でもV72PX型電池(写真②)が入手で出来るのならば、当該電池を差替えるだけですので、簡単に交換できしたが …。

 
参考までに、半田付け不要で簡単に交換な 22.5V 電池 を紹介します。

   V72PX型電池サイズ変換用アダプター   製品名: V72PX gauge battery cradle.
   オリジナル22.5V電池              製品名: DC22.5V quid pro quo V72 battery

   V72PX型電池と完全コンパチですので、Screen Current Amplifier 内の既存の電池Boxへピッタリ装着できます。
   次回からこの電池だけを差替え交換できます。


   Beam Currentの測定値が不安定でお悩みの方へ、一度挑戦してみては、いかがでしょうか?




Note

  Product design or product specifications are subject to change without prior notice.
  FEI, FEI Company, FEI (stylized logo) and Tecnai, Titan are either registered trademarks or trademarks of FEI Company
  Mel-Build products include technology with patent protection and patents pending.
  Mel-Build products are regulated to legislation of "Foreign exchange and international trade".
  Export and resale of Mel-Build products, must be officially pre-approved.

Escape clause

  We take possible measures to ensure correctness of this homepage but do not guarantee any of its contents.
  We do not take responsibility for loss of data and damage caused by this homepage.
  Contents on this homepgae may be removed or changed without prior notice.
  Access to this homepage may be interrupted for any reason without any responsibility by its owner.
  Contents on this homepage may not be copied or redistributed without the permission of its owner.

Below Japanese of escape clause

当ホームページにおける、免責事項

 当該資料の編集理念はフェアーにあり、 故意にメーカーを排他するものでは有りません。
 また現存製品と掲載内容とに異なる場合がありますのでご了承願います。
 当ホームページ情報を掲載する際には万全を期していますが、それらの情報がお客様にとって有用であるか等について、 一切の責任を負うものではありません。
 また、お客様が当ホームページをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いかねますので、ご了承下さい。
 当ホームページで公開されている情報の変更、削除等は、お客様への予告なしに行われることがあります。
 また、止むを得ない事由により、当ホームページの公開を中断あるいは中止させていただくことがありますのでご了承下さい。
 なお、当ホームページの情報の変更、削除、公開の中断、中止により、お客様に生じたいかなる損害についても責任を負いかねます。
  なおこの情報は2012年10月1日現在のものです。